ブログ

> ブログ > 雑学 > 家紋のはなし
雑学

家紋のはなし

デザイナーの毛利です。
みなさんは自分の家の家紋を知っていますか?
「家紋」はその多くが「円」で構成されており、「円」とは「縁」であり「宴」であり「苑」でありそして「和」を意味します。
それらはまさに家族やご先祖様との繋がりや誇りを象徴する「アイデンティティ」といえるでしょう。

仕事柄、ロゴマークを制作することがありますが、家紋に見られる簡素なデザイン性とシンプルなメッセージ性は、ロゴマークのそれと通ずるところがあります。

ルイ・ヴィトンのモノグラムは日本の家紋をモチーフにしたものだという話があるように(真偽は定かではありませんが。。。)、海外でも日本の家紋のデザイン性は高く評価されています。

hp-news

広島でよく目にする家紋といえば、お好み焼き徳川の「三つ葉葵」と毛利元就の「一文字に三つ星」ですよね。

hp-news

「三つ葉葵」は「水戸黄門」の「この紋所が目に入らぬかー!」でお馴染み「徳川家」の家紋で、この紋を見せることで自分の身分をあらわし、権力者であることを誇示していたわけです。

hp-news

毛利元就の「一文字に三つ星」の「一」の文字は「相手に打ち勝つ」という意味があり、その下に描かれた三つ星は、オリオン座の真中に直列する三つの星を表現しています。有名な「三本の矢」の逸話が関係しているのかと思いきやそうではないようです。オリオン座をモチーフにするあたり、なかなかロマンチストな武将ですよね。

 

 

ちなみに私も「毛利」姓ですが、我が家の家紋はこちら↓になります。

hp-news

この紋は毛利元就が戦に臨んだ際、勝ち虫と言われるトンボが沢瀉にとまっているのを見て勝利したことから、その記念としてつくられました。江戸時代には毛利家はこの紋を使用していたという由緒正しき紋です。

ちなみに沢瀉とはオモダカ科オモダカ属の水生植物で、やじり形で長い柄が特徴。径1.5〜2cmの白色の3弁花をつけます。

hp-news

最近では自家の家紋を知らないという人も多いみたいですが、あらためて自家の家紋のデザインの由来を調べてみると、そのメッセージの理解をより深めることができるのではないでしょうか。