ブログ

> ブログ > ライフスタイル > 人生初アメリカ入国!
やっぱりアメリカはすごかった!
ライフスタイル

人生初アメリカ入国!
やっぱりアメリカはすごかった!

人生初アメリカ入国!やっぱりアメリカはすごかった!(うらべ的に)

業務多忙のなか、長期休暇(新婚旅行)をいただきまして、アメリカ・西海岸にいってきました!!
いやーアメリカはなんでもかんでもでかかったです。
空気も建物も食べ物も人も…。
個人的に感じた「アメリカのここがびっくり」をまとめてみました。

ここがびっくりアメリカの高速道路

・高速道路がどこまで行っても無料。

無料と知ってはいましたが改めてびっくり。高速道路とは思えないすごい交通量です。
夕方の2号線のようでした。そして超飛ばす!
無料なので、整備もよくない。ということで、道は結構ガタガタ。
高速で走るうえにガタガタなので、結構ガタガタ揺れます。

・車検がない。

「アメリカでは車検がないから、アメリカのお母さんはみんな簡単な車の修理(オイル交換とかバッテリー関係とか)はできるんだよ!息子が免許を取った時に車のことを母親から教えてもらうのさ」(現地日本人談)。

・日本車が圧倒的に多い!

高速道路を走っていて感じたこと。
「日本車が圧倒的に多い」かなりびっくりしました。車だけみたら日本?と感じるくらい日本車が多いです。
特にTOYOTA。特にレクサス。前見たらTOYOTA、横見たらTOYOTA、振り返ればTOYOTAがいる状態です。
感覚的に、FordとTOYOTAが同じくらい。次いでHONDA、そしてNISSANとシボレー、あとはベンツやBMW、MAZDA…。
海外で日本車を見ると嬉しいですが、MAZDA車を見るとさらに嬉しいもんですね。がんばれMAZDA!

ここがびっくりアメリカのスタバ

・スタバの数が多い。

やっぱりスタバの本拠地。道の1ブロックごとにスタバがある。(感覚談)
わざわざスタバを探さなくても歩いたらスタバがある。いいですね。

・ドリンクのサイズが大きいのはマックだけじゃなかった!

「ベンティ」の上の「トレンタ」をみんな飲んでる!
なにその大きさ!見たことない!(多分日本にはない…)
飲んでる間に氷がとけて薄くなりそうです。

・スタバ持参の出勤率高い。

スタバの朝は超混雑。やっぱりスタバを持って出勤する人大多数。
宿泊ホテルがロス市庁やロス市警、新聞社の近くということもあり、早朝のスタバは行列ができていました。スタバを持って出勤するあたり、映画みたいで憧れます。

ここがびっくりアメリカのディズニーランド

・TDLとお城が違う!

[写真]カリフォルニアのディズニーランドのお城

なんかお城が違うな〜小さいな〜って思ったら、カリフォルニアのディズニーランドは、眠れる森の美女のお城でした。日本とは違ってまたいいですね。しかも世界で初めて作られたディズニーランドのお城。これは貴重。ちなみにTDLのシンデレラ城は、フロリダのディズニーランドをモチーフに作られたシンデレラ城です。

・世界初のディズニーランドだけある!

ウォルト・ディズニーが初めて作ったテーマパークということもあって、思いがつまった場所でした。映画「ウォルト・ディズニーの約束」にも出てきますが、ウォルト氏の父親の名前が書いてある建物もちゃんと見つけました!いやはや興奮。

・ショーの規模は、TDLの比にならないくらいすごい!

[写真]カリフォルニアのディズニーランドのショー

もちろんTDLもすばらしいですが、全てが人を感動させる映像・花火・音楽を最大限駆使したショー!さすがエンターテイメントの国!もう一度見たい!感動します!ディズニー好きじゃなくても感動します!ディズニー好きなら泣くほど感動します!絶対!
(伝わりますか?この興奮)
特に今年は、世界初ディズニーランド設立60周年という記念の年ということもあったのかな。すごい規模でした。

・シンデレラ時間(夜の12時)まで営業!

朝8時から夜12時まで開園。うそでしょっていうくらい開園時間が長い。
まさにシンデレラ気分をディズニーランドで味わえます。
(12時になってしまったわ、魔法がとけちゃう!的な)
私は直営ホテルに泊まっていたので、開園1時間前に入れる特典付き。だから朝7時から夜12時まで遊べるというわけです。
といってもずっと遊んでいたら足腰がもたないので、夕方に一度ホテルに帰って2-3時間寝て、夜のショーが始まる前にまた戻って夜まで遊びました(歩いて戻れる距離です)。
割高感はありますが、ランドを目一杯楽しめるので是非直営ホテルの宿泊をおすすめします。

・園内にスタバがある!

カリフォルニアにある「ディズニーランド」「カリフォルニアアドベンチャーパーク」には、園内にスタバがあるんです!しかし見つけるのは苦労です。
ディズニーの世界観を大切にするために、外観にスタバのロゴはないし、ショップ名もありません。
(私はネットで得た外観情報を頼りに探しました)
そこでしか買えないスタバとディズニーランドのコラボマグがあったので、1つずつゲット。これはいいお土産になりました。TDLにもスタバが出てくれたらいいのにな〜。
(夢の国の中に現実のものがあるということで、賛否あるようです)

・日本に比べてお土産が少ない!

特にお菓子。海外の人はお土産を人に配るという習慣がないようですね。
遊ぶためのTシャツやヘッドアクセ類は、かなり充実していました。

・日本にはない「カーズランド」が超楽しい!

[写真]カリフォルニアのディズニーランドのカーズランド

一番のお目当てはTDLにはない「カーズランド」です。東京ドーム1個分の広さを使ったアトラクションです。いやーこれは日本では実現できないんじゃないでしょうか。(広さ的に)
予想以上に楽しかったです!テンションあがって「ふぅ〜!!!!!!」って両手あげて楽しみました。何回でも乗りたい!

・アトラクションの並ぶ時間が短い。

TDLだと120分待ちなんて当たり前。2時間待ちや3時間待ちだってあり得ますよね。しかし、ここでは待っても1時間。一番人気のカーズで90分でした。人は多いんですよ。日本より多いと思います。(実感値)でもなんで並ぶ時間は少ないんだろう…。
その謎は自分の中で解明されませんでしたが、好きなアトラクションにたくさん乗れたので満足度は高いです!時間とお金が許すなら、ここでたくさん乗りたい!

余談…

[写真]ロサンゼルスのトイレの乾燥機

私が体験した全てのロサンゼルスのトイレ(ディズニーランドの園内を除く)の乾燥機がダイソンでした。やっぱりダイソンの乾きは早い。
日本でもダイソンの乾燥機が多く導入されないかな〜。