ブログ

> ブログ > 雑学 > 誤用を許さない人がいると勉強になる。でも許して。
雑学

誤用を許さない人がいると勉強になる。でも許して。

こんにちは、うるしです。
消費税対策を何もしないうちに、9月の最終日となってしまいました。
電化製品とか買い替えたかった気がするけど、どれもまだ使えるからいいか。

先日、SNSを眺めていたら、もとネタは不明なのですが「やぶさかでない」「許すまじ」「にわかには信じられない」の誤用を怒っている人がいました。
昔、友人に「やぶさかではない」と言われたときは、え?何?武士?と思いましたし、普段は滅多に遭遇しない気もしますが、どう間違うのか謎じゃないですか?

やぶさかではない
本来は「嫌ではない。むしろ積極的に行いたい。」というニュアンスですが、
誤用では「やりたくない」。
私は聞いたことがありませんが、誤用の方で覚えて使っている人もかなり多いらしいです。

許すまじ
本来は「絶対に許さない」ですが、
誤用では「許す、マジ」。
許された!!面白いから許す、マジ。これは誤用なのかわざとなのか。

にわかには信じられない
本来は「すぐには信じられない、簡単には信じられない」
誤用は「初心者には信じられない」
初心者には信じられない事もあるかもしれません。

でも思い出してください。「ヤバい」という言葉。昔は、失敗してヤバいことになった。のように良くないことにしか使われていませんでした。イケメン過ぎてヤバい。のように肯定的に使われはじめた時は、信じられないと話題になったものですが、今では全く違和感がありません。
若者が、今あまり使われていない言葉を知らなくても不思議じゃないし、若くない人が新しい言葉を知らなくても不思議じゃない。
いつだったか、国語学者が「言葉って変化していくものなんですよ」と言うのを聞いて、そんなに目くじら立てなくてもいいんだなと思いました。
お互いが通じていれば問題ない。通じていれば、ですが。

恐らく世の中には、アンジャッシュ並みにすれ違っている会話も沢山あります。
そういった会話に遭遇して通訳したこともあります。
自分の日本語が、相手の日本語と同じとは限らない。
あなたの言葉、相手に通じてますか?相手ばかりが変なこと言うと思ってませんか?

本来の意味を知ることも大切ですし、誤用でも造語でも、そう来たか!と思うと面白いですよ。