ブログ

> ブログ > ライフスタイル > 2018年は、無印の手帳。
ライフスタイル

2018年は、無印の手帳。

新しい年が始まりました。

手帳大好き!横山です。

アンディブログで、イラストレーター寄藤文平さん考案の『yPad』の記事を書いて早3年。

2014年・2015年の2年間『yPad』を使い倒したものの、年末に文具売場に行けば、ずらりと並んだ手帳に、気持ちがソワソワ。

そうだ。人生は短い。1年に1冊の手帳を使っていったとしても、あと何冊の手帳を使えるのだろう?使ったことのないタイプも使わなきゃ!と言い訳をし、「寄藤さん!こんなステキな手帳を作ってくれてありがとう!」と、感謝の気持ちを述べて『yPad』に別れを告げました。

『yPad』ってどんな手帳?って思った方は、こちらをご覧ください。

https://andeeworks.jp/lifestyle/557/

 

次の手帳を選ぶにあたり、、、

「マンスリー」は、書くところが少なすぎるし、

「週間レフト」も、ちょっと物足りない。

『ほぼ日手帳』に代表される1日1ページの「デイリー」を埋めるほど、書くことはない。

私は、やっぱり「バーチカル」が使い勝手がよいです。

 

「バーチカル」に条件を絞って、2016年・2017年は「マツコの知らない世界」で見て、気になっていた『MOMENT PLANNER』を選びました。

折りたたんだページを開くと、年・月・週が同時に見れたり、to doページ・メモ・週が同時に見れたり、便利なしくみの手帳。

『MOMENT PLANNER』にも良い出会いに感謝です。

01

そして2年後の2018年。また違うタイプが気になり始め、今年は『無印良品』の「A5・ヨコ型・バーチカル」にしました。

『無印良品』には、サイズやタイプの違う手帳がさまざまありますが、どれもとってもシンプルです。そのなかでちょっと個性的だったのがこの「A5・ヨコ型・バーチカル」。

02

なぜ、ヨコ型?

立てれば卓上カレンダーにもなるから?

03

『無印良品』は、こんな使い方してくださいね~なんて、言ってません。

使い方考えながらカスタマイズして、仲良くなっていくのもいいかもね、というのが選択の理由。

イントロ部分はマンスリー → その後ろにバーチカル → 最後に方眼のノートがついています。

さっそく、ジブン手帳用のグッズとして売っていたインデックスシールを貼って、100均で買ったスエードひもで、しおりを装備。

裏表紙の内側に付箋を直貼り。

小さなサイズのクリアファイルをつけて、小物を入れられるようにしました。

05

不思議なのが、マンスリーの対抗ページのメモ部分。ココどう使う?

ガントチャートに使うことにしました。

04

ちなみに、当社のUさんは『ジブン手帳』をゲットしていました。

『無印良品』とは違い、使い方がくわしく指南されている『コクヨ』の手帳。

私も使ってみようかと迷いましたが、ちょっと様子見。

しばらくしたら『ジブン手帳』の使い心地もUさんにインタビューしてみたいものです。

 

今年も、文具とのステキな出会いを願って。