ブログ

> ブログ > ライフスタイル > まずは知ること!ハザードマップを調べてみました
ライフスタイル

まずは知ること!ハザードマップを調べてみました

とんでもないことが起こってしまいましたね。
豪雨で警報が出て大変なことになっていた頃、虫垂炎になってしまった私は入院していてまったく状況がわからず、たかが雨、程度に思っておりました。
こんな恐ろしい状況になっているとは思いもよりませんでした。
被災されたみなさまには心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。

弊社のメンバーは、幸いなことに家族も含めて大きな被害はありませんでした。
ただ、見知った街が大変なことになっているのを目の当たりにして、他人事ではないなと実感しております。
明日は我が身!
いつ何が起こってもすぐ動けるよう、まずは自分がいる地域のことを知らなければ!
ということで、ハザードマップを調べてみました。

そもそもハザードマップって?

自然災害が発生した際の被害予測を色分けして可視化した地図ということですが、ひとくちにハザードマップと言っても色んな種類がありました。
今までまともに見たことも調べたこともなかったので、地域に1つ!くらいに思っていたのですが、災害ごとにハザードマップがあるということです。
よく考えてみればそうですよね、お恥ずかしい。

広島市が提供している、ハザードマップと名のついたものは以下の3つでした。

・土砂災害ハザードマップ
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1256201335621/index.html

・洪水ハザードマップ
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1477524499923/index.html

・浸水(内水)ハザードマップ
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1173942072819/index.html

この他にも、「高潮浸水区域図」、「地震防災マップ(防災カルテ)」などが提供されていました。
ちなみに広島市では提供されていませんが、地域によっては火山のハザードマップなどもあるようです。

さっそく、ハザードマップを見てみる

弊社の事務所がある南区段原のハザードマップを見てみよう!
ということで、先ほどのURLから該当地域のハザードマップを入手しよう、としたのですが・・・え?どれ?
事務所が載っている地図がどれかわからない・・・。
というか・・・ない??んーーわからん!!
いろいろpdfを開いてみても該当のマップが見つかりません。
私の探し方が悪いのか、単純に被害のない地域だから無いのか、掲載されていないだけなのか・・・謎。

そもそも地理に疎い私。
現在地から探す、とか、調べたい地域で検索したらサクッと出るような地図がないものか。

・・・ありました。
国土交通省さんが提供していました!
ありがとうございます!!

・国土交通省ハザードマップポータルサイト
国土交通省ハザードマップポータルサイトの画面キャプチャ
https://disaportal.gsi.go.jp/index.html

「重ねるハザードマップ」は、私が求めていた地図そのもの!
調べたい地域を入力して検索すると、サクッとでてきます!ありがたや。
ちなみに「わがまちハザードマップ」の方は、地域を選択して検索すると、その地域が公開しているハザードマップがわかるようになっており、広島市だけでなく複数の地域のハザードマップを見たいときなどに活用すると良いかもしれないですね。

ということで、「重ねるハザードマップ」で事務所の住所を入力して表示された地図がこちら!

洪水ハザードマップ
洪水ハザードマップの画面キャプチャ

土砂災害ハザードマップ
土砂災害ハザードマップの画面キャプチャ

津波ハザードマップ
津波ハザードマップの画面キャプチャ

青い旗が立っているところが弊社の事務所がある位置です。
洪水と津波のマップには思いっきり色がついてますね。。。
色を見ただけでは何メートルくらい水が増える可能性があるかわかりづらいですが、地図の下に「想定される浸水深」が記載されていました。

洪水によって想定される浸水深:3.0~5.0メートル

・・・こわっ!
万が一、5メートルの水位になったら事務所完全に沈みますね、きっと。
そうは言ってもさすがにそこまでなることはないだろう、と思ってしまう自分がいますが、可能性があると言うことをしっかり理解して、楽観視せず、状況を見て避難をしないといけないなと思いました。

こちらのサイトでは避難場所までは記載されていなかったので、地域で提供している情報を活用するなどして、しっかり備えようと思います。