ブログ

> ブログ > ライフスタイル > フードデリバリーを使ってみた。
ライフスタイル

フードデリバリーを使ってみた。

インスタなどで見かけて気になっていたフードデリバリー「Wolt」をGW中に使ってみました。

これは便利!と思ったので、ご紹介いたします。

余談:
街中では、他の名前のサービスの配達自転車やバイクをかなり頻繁に見かけますが、「Wolt」にしたのは、某元カープ選手が頼んでいたお店の料理がとっても美味しそうだったからでした(すぐ影響受けます 笑)。

しかもちょっと調べてみると、
「Wolt」は日本初上陸で広島から開始!!!ということ。
まだ広島だけなんて、特別感があって気になる!!(単純 笑)と思い、食べたい料理をすぐ探してみました。

「Wolt」の使い方はこちら。

2020年5月13日時点で、広島市中区を中心に、南区、西区、東区の一部にも対応をしているようです。
配達エリアは今後どんどん拡大予定だとか♪

 


実際使ってみての感想は、

簡単!早い!安心! の3拍子。

アプリからの注文方法はとても簡単で、
個人的に気に入ったのは、注文した瞬間からお届け予定時間が表示され(カウントダウンされてく)、さらには次々とアクションがわかることでした。
「今、お店で準備している」とか「今、お店を出発した」とか「先に別の配達先に寄っている」とか・・・

さらには、地図上で配達してくださる方の位置情報(自転車マーク)も見ることができるので、自宅まであとどれくらいの距離かが感覚的にもすごくわかりやすかったです。

「あと少し!」「道わかる?」「がんばって~」みたいな気持ちでずっと地図を見守っていました(暇人ですね 笑)。

初めて頼む私は、こういう機能にすごく安心感がありました。

そして、新型コロナウイルスの感染拡大対策として非対面での受取りも選択できたので(「コンタクトレス宅配」というそうです)、おうちにこもりっぱなしで、すっぴん&部屋着の私でも大丈夫でした!!←ここもポイント大きい。
(お支払いは登録したクレジットカードで決済)。

注文から30分で“熱々の中華”が玄関先に届きました!

 

残念ながら、“映え”なメニューではなったので、写真は載せません(笑)。

 

クーポンなどで、配達無料にできたり、おトクな使い方があるようなので、対象エリア内で興味のある方はぜひ調べてみてください♪

自粛ムードが緩和されつつも、まだまだ通常運転ができない部分は多いと思います。
そんな時だからこそ、未体験のサービスを試してみるって新鮮でいいな~と思いました。